serviceオンコロジー領域サポート

オンコロジー領域における確かな専門知識で疑問に答え、頼れるパートナーとして知を提供します。

がんは、我が国の死亡原因第1位であり、アンメットニーズが高く、医療用医薬品の開発が最も盛んな領域の一つです。日々アップデートされる情報、多様化される製薬メーカー、医療機器メーカーの課題に応えるべく、インテージヘルスケアではオンコロジー領域専門の部署を設置しています。

  • アイコン画像)

    プロジェクトの
    課題をクリアに

    市場の未来を見据えた視点とリサーチの知識をもとにプロジェクトの疑問点をあぶり出し、調査すべき課題を一緒に考案します

  • アイコン画像)

    効果的な
    insightsを提供

    調査結果の分析はもちろん、貴社の戦略や資料に活用できる形になるまで調査後もサポートします

  • アイコン画像)

    Researchを
    ブラッシュアップ

    オンコロジー特有の治療姿勢過去トレンドの知識をもとに最適な調査を提案します

特長

特長 01

専門スタッフ

国内外の各学会に参加、自主企画なども実施し日々のトレンドを把握

【主な参加学会】胃癌学会、乳癌学会、肺癌学会、血液学会、臨床腫瘍学会、世界肺癌学会、ASCO、ASH、ESMO など

特長 02

最適な提案

臨床医のほか、KOL・病理医・がん専門看護師・がん専門薬剤師・患者など、多様な対象に調査が可能
調査手法も、WEB・interview・訪問・郵送など豊富な実績あり

特長 03

豊富な経験

オンコロジー領域の調査経験は10年以上、年間200件以上実施

頭頸部・肺・乳・食道・胃・大腸・肝胆膵・膀胱・前立腺・卵巣・悪性黒色腫・軟部肉腫・血液・原発不明・希少がん など幅広いがん種の実績あり

サービス内容

オンコロジー領域のリサーチにおけるコンサル機能

これまでの実施例

  • 新薬の上市前・後 一連調査
  • 薬剤師・看護師・患者・caregiverに対するインサイト調査
  • 調査データ解析によるDr.セグメンテーション提案
  • War game/応酬話法

その他、Market understanding/Patient journey/Buying process/Forecastなど、種々テーマも対応いたします。

自主企画調査

2019

  • CAR-T療法現状把握調査
    • 血液内科
    • 訪問インタビュー
    • 有効回答数:30s
    • 日本造血細胞移植学会による移植認定カテゴリ1、2の施設を対象
  • がんゲノム医療に関する調査第1回・第2回
    • 固形がん診療医
    • インターネット調査
    • 有効回答数:約1300s
    • 全30がん種、遺伝子
      パネル検査12種を聴取
  • 非小細胞肺がんIO治療アクセスに関する調査
    • 肺がん診療医
    • インターネット調査
    • 有効回答数:約270s
    • 1st-line症例数:約750s
    • 2nd-line症例数:約350s

2018

  • 多発性骨髄腫治療における医師タイプ別症例調査
    • 血液内科
    • インターネット調査
    • 有効回答数:約200s
    • 2nd-line症例数:約500s
    • 3rd-line症例数:約200s
    • RRMMの処方薬剤×症例
  • 非小細胞肺がんIO治療アクセスと中止に関する調査
    • 肺がん診療医
    • インターネット調査
    • 有効回答数:約250s
    • Non-SQ、ドライバー 遺伝子変異陰性患者

2017

  • 血液がん患者ボリューム把握調査
    • 血液内科医を対象とした、詳細な疾患別患者数把握調査

サービスに関するお問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせをする

SHARE

facebooktwitter

関連ニュース

プレスリリース

レポート

インテージ ヘルスケアのサービス領域