service有害事象情報データベース・システム/データ解析支援

FDAやPMDAが収集、公開している自発報告有害事象データベース「JADER」「FAERS」を用いて、医薬品有害事象情報システムCzeekV、シグナルディテクションシステムCzeekRを展開し、リアルワールドデータの統計解析サービスを行っています。

※旧京都コンステラ・テクノロジーズはインテージヘルスケアとなり、引き続きサービスを提供します。

CzeekV Pro 〜医薬品有害事象情報システム〜

ロゴ画像

自発報告有害事象データベースを対象として、統計解析手法を用いて医薬品と有害事象の関連性を探索するシステムです。

イメージ図

ブログ「くすりの有害事象と薬剤疫学」

CzeekV Pro実践方法、薬剤疫学に関する情報を投稿しています。また、リアルワールドデータを解析対象とした世界中の研究報告を収集し、毎週アップデートしています。

イメージ図

CzeekR 〜シグナルディテクションサポートシステム〜

ロゴ画像

シグナルディテクションに用いる統計解析を簡易的に実施できるシステムです。
FAERS・JADERの基本搭載DB以外に、自社安全性DBを対象とすることも可能です。

データベース提供

独自手法でキュレーションを施したFAERSデータを提供します。
キュレーション方法など指定も可能ですので仕様についてはご相談ください。

データ解析支援・共同研究サポート

RWD(リアルワールドデータ)を用いた統計解析や、RQ(リサーチクエスチョン)に沿った計算をサポート致します。解析にあわせたデータ整備や、解析対象のデータ・解析手法に関する相談もお受け致します。

サービスに関するお問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせをする