職種・仕事紹介

JOB TYPE / WORK

マーケティングインサイト事業部

調査結果をもとに最適解を提案。
顧客の重要な意思決定をサポート。

マーケティングリサーチの仕事は、一般用医薬品から医療用医薬品、医療機器まで、ヘルスケア領域を専門とした市場調査から始まります。
さらに、そうしてドラッグストアや医療消費者などから集めた調査結果を顧客にフィードバックするとともに、あらゆる課題に対し解決策を提案・提言。調査結果の報告にとどまらない“コンサルティング”を通して、顧客の意思決定をサポートしています。

具体的な仕事内容

カスタムリサーチ

Ad-Hoc

製薬企業のマーケティング課題に応じたオーダーメイド型の調査を担当。調査プロジェクトの企画立案、調査設計、調査票作成、フィールド部門に実査要請を行います。調査後の集計、インタビュー内容の結果分析を経て、報告書を作成し、調査結果のプレゼンテーションや提言なども行っています。

グローバルリサーチ

GR

海外顧客の日本市場における調査や、国内顧客の海外市場における調査を担当します。海外顧客の経営層への提言や、アジアを中心とした現地リサーチ会社との協働、海外でのインタビューなど、英語力を活かせる業務を担当します。

ソリューション企画提案

SP

製薬企業のマーケティング課題を解決するため、医療消費者、医師を対象とした自主企画調査データ(シンジケートデータ)を分析。顧客の「意思決定につながる情報」を提供します。顧客のニーズをタイムリーに捉えて、ソリューション開発部門と共に新たな自主企画調査を考える役割も担います。

ソリューション開発

SD

シンジケートデータを構成する大規模自主企画調査の開発、設計、調査票作成、集計、BIツールでのビジュアライズを担当します。このデータが業界でも高く評価され続けるのは、リサーチャー、データ分析、ITなど多様なスキルを持つプロフェッショナルが集まっているから。チームでデータを進化させ続ける役割を担います。

コンシューマーヘルスケア
リサーチ

CHR

一般用医薬品を対象に、全国消費者パネル調査や全国一般用医薬品パネル調査を実施し、購入使用実態やメディア接触状況、プロモーション効果など、データを集計・分析することにより明らかにします。製薬企業のマーケティング課題を解決する提案型コンサルティングとして、データ分析だけでなく企画提案など幅広い業務を担当します。

医療機器リサーチ

MDR

検査、手術、放射線など包括的な医療機器のオーダーメイド型の調査を行います。医療機器の操作性や使い勝手におけるデザイン改善の提案から市場予測まで幅広く対応しています。

市販後エビデンス事業部

市販後の継続的な調査により、
より安全で有効な医薬品の開発に貢献。

製薬企業・医療機器メーカーが製品を開発・発売後、成熟させていく過程で必要なデータを医師から集め、調査・評価業務を行うことで、より安全で有効な医薬品・医療機器の開発に貢献しています。
特に、医薬品・医療機器が日常の診療において患者に使用されたときの有効性や安全性について調査する市販後調査(PMS)を得意としています。

具体的な仕事内容

データマネジメント

DM

薬が実際に患者に処方される臨床実態下において、医療機関から患者一人ひとりのデータを調査票として収集します。そのデータを、エビデンス(証跡)として使えるように精査する業務です。「人は誰でも必ずミスをする」ことを前提に、データ処理の手順や仕組みを考え、チームメンバーと協力して確かなデータを生み出す、その要となるのがデータマネジメントの役割です。

統計解析

BS

データマネジメントが精査したデータを解析し、薬の安全性と有効性を評価します。生物統計の知識を用いて、解析の計画書について顧客とすり合わせを行い、顧客のニーズを十分に把握したうえで、SASプログラミングによる集計・解析処理を行います。高い専門性と、それを伝えるコミュニケーション力が求められる業務です。

システム開発

SYS

データマネジメント業務の紙調査・EDC調査で使用するシステムの開発・維持管理を行います。
顧客の課題解決に応じて、プロジェクトごとにカスタマイズも必要となります。当社はEDCシステム「ADDIN」を自社開発しており、このシステムを顧客のニーズに合わせて進化させる役割も担います。

安全性情報

PV

医薬品の有害事象や副作用情報を収集・評価し、報告を行います。重篤性、因果関係、新規性等、海外症例も調査したうえで評価を行うことにより、薬害のリスクを抑え、医薬品の安全性の確保と適正使用に貢献していく業務です。日本だけでなく海外からも医薬品使用に関する情報が届くため、高い語学力が必要となります。

データサイエンス事業部

医療に関する膨大なデータを調査・研究し、
まだ見ぬ医療の可能性を追求していく。

医療現場にある、電子カルテや診療報酬明細書といったこれまで活用されていなかった膨大なデータを調査・研究し、サービスとして提供するのがデータサイエンス事業部です。
こうしたサービスを通して、新たな治療法の開発・評価や持続可能な医療保険制度の再構築、医療消費者にとって最適な医療の実現を目指しています。

具体的な仕事内容

クロスソリューション

Cross solution

当社は製薬マーケティングにおいては、デファクトスタンダードと位置付けられる大規模なアンケート調査データを多数保有しています。これらのデータと製薬企業が自社内にもつデータを組み合わることで、製薬企業のマーケティング課題を解決します。業界でも新しい取り組みの中で、RやPythonを用いた分析スキルを存分に発揮していただけます。

医療経済

HEOR

医療関係の企業・研究機関の課題に応じて最適な調査を企画・実施し、集計・分析、レポーティングを行います。医療資源の最適配分や医療サービスの効率化など、医療経営実態を明らかにし、経済的な視点から多様なアプローチを行います。その結果として、費用対効果分析の準備、治療の価値を伝えるエビデンスの作成など、製品への注目度やアクセスを最大限に高めるようなサポートを行っています。

データベース調査/研究

RWD

臨床実態下から得られる膨大なデータ「リアルワールドデータ」を用いた統計解析やデータベース調査、データベース研究を支援するコンサルティング業務を行います。
活用範囲は年々拡大しており、育薬に必要な今までにないデータの提供、薬をうまく使えるような情報の提供など、エビデンスの創出を行っています。課題の検討や実施計画書の作成から携わることもあり、データを扱うスキルだけでなく、疫学など薬の専門性が求められる業務です。

臨床開発/研究

GCP

医薬品の上市前に実施される臨床試験、上市後に育薬のために実施される臨床研究において、モニタリング、データマネジメント、統計解析のサービスをワンストップで製薬企業に提供します。製薬企業において新薬の開発とその育薬は、経営戦略上の重要なミッションです。顧客のニーズを充分に把握し、試験が始まる前の当局対応を含め、プロジェクト全体の確実な進行を、経験豊富なプロジェクトリーダーを中心にチームメンバー全員で支援します。

創薬支援

Drug discovery

AIやビッグデータの技術を用いて製薬企業の創薬を支援します。京都大学発ベンチャーで技術開発された「CzeekS」は、製薬企業が蓄積した実験データを効率的に活用し、医薬品候補化合物を高速かつ高精度にスクリーニングします。その他にも、深層強化学習の技術を用いたAI創薬プラットフォーム「DeepQuartet」など様々なソリューションを提供しています。

経営企画本部

さらなる成長を目指して。
インテージヘルスケアの経営を担う。

各事業部における業務の円滑化や、ヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源の有効活用など、全社視点でさまざまな企画の立案・推進を行うのが経営企画本部の役割です。
事業部やグループ各社をつなぎ、インテージヘルスケアのさらなる成長のための活動も行います。

具体的な仕事内容

リンク&アライアンス

Links & Alliances

社内各部門や他企業との連携を図り、新しいビジネスを創出する役割を担います。
部門間、企業間の架け橋となり、事業や会社の成長を目指します。

信頼性保証

Reliability Assurance

関連する法令・指針、標準業務手順書等に従って業務が実行されているかを業務を実施する部門とは独立した立場で検証することにより、業務の信頼性を向上させる役割を担っています。

ITソリューション

IT Solutions

社員が円滑かつ効率的に業務を進められるように、快適なIT環境の整備やデジタル施策の推進を担っています。その他、新規ビジネスのIT支援などにも取り組んでいます。

経営企画

Management Planning

会社のお金の動きを管理する経理、円滑な企業運営を支える総務、自社の認知度向上を担う広報、経営計画の策定や管理を行う経営企画など、会社の経営や事業を正しい方向へと導きます。

人事企画

Human Resources

経営戦略に基づき、採用や育成、評価制度の運用、人事制度の企画、労務管理などを行っています。社員の働きがいを高め、人・組織を活かすことで、会社の成長を支えています。