Special feature

新規ビジネス座談会

START-UP BUSINESS

Close-up

医療と人の未来を見据えて。
変化を「待つ」のではなく
「生み出していく」、
ベンチャーマインドとアクション。

わが国の医療を取り巻く環境が大きく変化している。そこに求められているのは、患者をはじめとする“医療消費者”の視点だ。インテージヘルスケアはその新しい風を自ら巻き起こしていくために、これから枠組みにとらわれない新規ビジネスの創出に挑んでいく。その担い手となる気鋭の3人に話を聞いた。

MEMBER

  • 経営企画本部
    リンク&アライアンス室
  • 久保 竜之介(2020年入社)
  • 国際学部国際学科卒
- Profile

MRの経験を生かして当社に入社後、医療用医薬品のシンジケート調査を担当。入社してからわずか半年後の2021年7月、リンク&アライアンス室の発足とともに異動する。これまでに出会ったたくさんの医師や薬剤師、そしてその先にいる患者を見据えた医療ビジネスを生み出したいと考えている。

  • 経営企画本部
    リンク&アライアンス室
  • 紫竹 宏亮(2006年入社)
  • 経済学部経済学科卒
- Profile

入社後、医療用医薬品のアドホック調査*1に携わる。2014年、シンジケート調査*2の部門に異動。2021年、社長と経営企画本部長に声をかけられ、リンク&アライアンス室の発足に向けて準備・企画を担当することに。同年7月、同室の新設とともに室長に就く。

*1 アドホック調査:顧客の課題解決のために、その都度手法や対象者をカスタマイズして実施する調査のこと。
*2 シンジケート調査:複数顧客への提供を目的として、医療消費者・医師を対象に行う自主企画調査のこと。

  • データ・サイエンス事業部
    医療経済・
    アウトカムリサーチ室
  • 室伏 俊昭(2017年入社)
  • 法学部法律学科卒
- Profile

MRの仕事を通じて医薬品の価値の最大化に興味を持ち、当社に転職。入社後、医療用医薬品のシンジケート調査を担当。次第に「社会活動と医療の価値」に関心を持ち、社内公募を通じて2019年から医療経済・アウトカムリサーチ室を兼務。2020年より同室に専任。

新規ビジネスに携わることになった経緯

新規ビジネスに
携わることになった経緯

室伏

現在、2人は同じ部署ですね。

紫竹

ええ。リンク&アライアンス室は、新規ビジネスの創出を目指して2021年7月に発足した新しいセクションです。今回、当社グループから横断的にメンバーが集まりました。久保さんは、私が「ぜひ!」と思って声をかけた一人です。

久保

私は中途入社で、まだこの会社に来て1年も経っていないんですよ。それがいきなり紫竹さんから会議に呼ばれて。何かまずいことでもやらかしたかなと考えちゃいましたね(笑)。入社してわずか半年で新部門へ異動ですから、すごい会社ですよね。

紫竹

久保さんとは前の部署でも一緒で、学生時代にフリーランスみたいなことをやっていたとか面白い話を聞いていましたから。新規ビジネスにぴったりの人材だなと、まっ先に顔が浮かんだんですよね。

久保

もともとこの3人は、最近まで同じ部署の仲間でしたからね。室伏さんはどんな経緯で現在の医療経済・アウトカムリサーチ室に異動することになったんですか?

室伏

私は以前から地域医療など社会における医療政策に関心があって、関連するセミナーなどにも積極的に参加していて。社内公募制度を利用して現在の部署に異動しました。

紫竹

室伏さんとは前々からそんな話をよくしていましたから、希望の部署に行けることになって良かった。「頑張ってこい!」と気持ちよく送り出しました。

現在取り組んでいるビジネスについて

現在取り組んでいる
ビジネスについて

久保

ところで室伏さんが携わっている「医療経済」や「アウトカムリサーチ」にはどのような業務があるのですか?

室伏

医療における「アウトカム」とは医薬品・医療機器など医療技術の使用によって得られる結果・成果のことを指しています。現在は、「アウトカム」の1つである患者さんのQOL *3を収集・使用して医療技術の費用対効果評価に代表される医療経済分析に関連する業務を実施しています。またその他にも、疾患や治療が患者さんの日常生活に及ぼす影響や選好を「アウトカム」として、それを収集・分析するためにインタビューやアンケートといった手法を用いたリサーチを実施しています。しかし、これらの業務はまだ日本においては本格化したばかり。特に費用対効果評価における国内の専門家は限られているような状況です。私が加わったのは、まさにそれを新規ビジネスとして立ち上げたタイミングでした。そこで、専門書を読んだりセミナーに参加したりして学び、当社がこれまで培ってきたノウハウを活かして自分たちなりのサービスを確立していきました。ところで、紫竹さんたちのリンク&アライアンス室では、現在どんな取り組みを進めているのですか?

紫竹

現在私が進めているのは、社内の多様な部門の連携や、外部企業とのアライアンスです。こうしたつながりを作っていくことが、新規ビジネス創出を促進していくためには欠かせません。そこで今は他社との協働企画でWebinarを開催するなど、種蒔きをしているところ。3年後、5年後といった将来に向けて立てた目標に向かって、一歩ずつ前進している真っ最中です。来年には、新規ビジネスのアイデアを社内から広く募る公募制度もスタートする予定なんですよ。

久保

紫竹さんが各所との連携を強化する中、私は新規ビジネスの「種」を掘り起こすための取り組みを担当しています。例えば、社内の各部門の情報を集めたり直接話を聞きに行ったり。まだ動き始めて間もないのですが、すでに部門長と提案書のやりとりにまで発展しているものもあり、社内のあちこちに「種」が埋まっていることを実感しています。この「種」を丁寧に育てて「実」にしていく。今後は、そうした先のステップも見据えていく必要があります。

*3 QOL:Quality of lifeの略。生活の質のこと。

新規ビジネスを発想するために大切なこと

新規ビジネスを発想するために
大切なこと

室伏

新しいビジネスを「発想」していくために意識していることはありますか?

久保

ひとつ言えるのは、“横展開を考える”ということでしょうか。私は、家でテレビを見ている時も無意識に何かアイデアがないか考えてしまうんですが、例えば先日ある食品メーカーが医薬品の原薬の工場を建てるというニュースを見ていて、ならば「他業種のメーカーでも可能でないか?」「うちの会社にあるリソースで活かせるものはないか?」なんてこと思わず考えてしまいました。いまは寝ている時間以外は、ほとんどビジネスのヒントを探しているような思考回路ですね。それがたまらなく楽しいんです。

室伏

その感覚、わかります! 私もたとえばプロジェクトのことを考えている時、現状あるものをうまく活用してハンドリングしながらも、「○○なデータがあれば一発で解決するのに……」と妄想しています。ビジネスチャンスは、この「あったらいいな」という発想から生まれてくると思うんですよね。

紫竹

確かに。では、その新規ビジネスを「実現」していくためにはどのようなマインドが大切だと思いますか?

室伏

そうですね……。“やり続けること”でしょうか。新規ビジネスって、ゼロからのスタートなわけでしょう。それですぐに成功する人はおそらくいないと思うんですよね。必ず、その過程で何かしらの失敗に遭遇する。だからこそ大切なのは、失敗を避けることではなく、失敗をおそれず楽しむことだと思います。

久保

そうですね。一番いけないのは、失敗することよりも、何もしないこと。私は、及第点を狙うのはあまり好きじゃないんです。たとえ失敗を繰り返しても、その経験値を活かしながら納得できるまで突き進んで最後に花丸をとりたいですから。

紫竹

その通りですね。当社にはチャレンジに伴う失敗はいくらでも受け入れる風土があります。私たちリンク&アライアンス室でも、そんなマインドで社内の新規ビジネスをサポートしていくつもりです。

新規ビジネスの創出に向いている人材とは

新規ビジネスの創出に
向いている人材とは

紫竹

話は少し変わりますが、採用面談で学生さんたちと会っていると、最近、失敗や挫折を恐れている若い人が多いように感じます。そんな人たちには、恐れることはないとアドバイスしたいですね。私もそうでしたが、なにより就職活動そのものが失敗の連続みたいなものですから。

久保

では、紫竹さんはこれからどんな若い人たちと一緒に仕事をしていきたいと思っていますか?

紫竹

多少枠からはずれてもいいから、「やりたい!」と思うことを持っている人。そしてその目標に向かって努力できる人かな。さらに言えば、努力を努力と思わず仕事にのめり込める人は強いと思います。

室伏

私も同じですね。なにか得意なことがあって、それを医療やリサーチの世界で活かしたいと考えている人にはとても魅力的な会社だと思います。多様な部門があって各分野に精通した専門家が集まっているので、新しい知識やスキルを学ぶチャンスも限りなくあります。

久保

私は、極端な言い方をするなら、“オタクになれる人”がいいですね。自分のやりたいことにこだわって、そこに自分なりの考えや想いを乗せられる人。自分の意見に誇りを持っていて、たとえそれを否定されても、その否定を素直に受け入れつつ自分を貫き通せる人。私はそんな人が好きなんですよね。基本的にうちの会社の人たちってみんな優しいので、しっかりとした意志さえあれば、誰もがとことん教えてサポートしてくれます。とても恵まれた環境なので、意欲さえあればどこまでも成長できる会社だと思っています。

医療と社会のために、やり遂げてみたいこと

医療と社会のために、
やり遂げてみたいこと

紫竹

2人はこれから新規ビジネスを通じてどんなことを成し遂げていきたいと考えていますか?

室伏

今取り組んでいる「医療経済分析」や「アウトカムリサーチ」には、従来のような臨床的なデータだけではなく、医薬品などを実際に使っている患者さんの実感やQOLを使用する特徴があります。この特徴を活かして「医療消費者」つまり患者さんをはじめ生活者の視点から、医療における新しい価値の創造や医療全体の進歩に貢献していきたいですね。また、新しい分野なので私を含め各メンバーの専門性やスキルを高めながら、海外学会への発表などにも積極的に取り組んでいこうと考えています。

久保

私は前職でMRの仕事を通じて、たくさんの医師や薬剤師と出会ってきました。その経験から、医療従事者やその先にいる患者さんの視点を忘れずに、医療、さらには社会に貢献できるような仕事をしていきたいと思っています。もちろん成果にはこだわりますが、今と同じようにとことん仕事を楽しんでいきたいですね。

紫竹

私は実をいうと2人ほど医療へのこだわりはないんですよね。でも、グループも含めると当社には医療ばかりでなく生活者の多様なデータが蓄積されています。そんなノウハウを活かしながら、もっと広い分野で新しいビジネスに携われたら楽しいですね。

室伏

リンク&アライアンス室のリーダーとしては、当社にどのような変化を生み出していきたいと思っていますか?

紫竹

そうですね。新規ビジネスというとハードルが高いと思われがちですが、さっき久保さんが話していたように、その「種」はすでに社内のあちこちにたくさんあると感じています。大切なのは、チャレンジしようというマインド。これから入社してくる若い人たちを含め、前向きな挑戦を後押しするような環境を整えていきたいですね。