news自主企画調査レポート 「CAR-T療法の現状把握調査 2021」

 本年は二つの新たなCAR-T製剤が加わり三製剤となり、ますます造血器腫瘍におけるCAR-T細胞療法の存在感が増すターニングポイントと捉えています。
造血器腫瘍を治療する臨床医の全体像を把握する為に、インターネット調査とより定性的な内容を把握する目的で医師へのヒアリングを実施しました。
今回で三回目となる調査を通じたこれまでの経時変化と、今後を推し測る参考となるデータを中心に調査結果のサマリーを公開します。

調査概要

調査目的 CAR-T療法の現状や課題、今後の展望の把握
調査方法1 on 1 インタビュー調査(全国)
インターネット調査(全国)
調査対象者「血液内科」「血液腫瘍科」「腫瘍内科」の医師
有効回答20サンプル(インタビュー調査)
257サンプル(インターネット調査)
調査時期2021年8月 ~ 9月
調査主体株式会社インテージヘルスケア
メディカル・ソリューション部オンコロジー領域専門グループ

調査結果の詳細につきましては、以下の資料をご覧ください。 

無償レポートを見る
株式会社インテージヘルスケア

SHARE

facebooktwitter

関連サービス