news自主企画調査レポート 「第4回がんゲノム医療に関する調査」

“がんゲノム医療元年”である2019年の6月に、遺伝子パネル検査が保険適応を取得し、本格的にがんゲノム医療がスタートしました。遺伝子パネル検査の浸透状況や、医師が抱える課題、さらに今後どのようにがんゲノム医療が患者さんへ届いていくのかを把握するため、インテージヘルスケアでは本テーマに関する様々な調査を行っています。

第4回調査では、遺伝子パネル検査の保険適応取得後1年半時点の現状把握を目的としてインターネット調査を行いましたので、調査結果のサマリーを公開します。

調査概要

調査目的がんゲノム医療/遺伝子パネル検査の浸透度把握
調査方法インターネット調査(全国)
調査対象者固形がん診療医
有効回答1383 サンプル
調査時期2020年11月17日~30日
調査主体株式会社インテージヘルスケア
メディカル・ソリューション部

調査結果の詳細につきましては、以下の資料をご覧ください。 

無償レポートを見る
株式会社インテージヘルスケア

SHARE

facebooktwitter

関連サービス