news武田薬品工業とAI創薬プラットフォーム「Deep-Quartet」の共同検証プロジェクトを開始

3社が共同して提案するAI創薬技術を3プロジェクトで実践投入

株式会社インテージヘルスケアと、株式会社理論創薬研究所、株式会社アフィニティサイエンスは、3社が共同で提案するAI創薬プラットフォーム 「Deep-Quartet」 (ディープカルテット)を用いた、武田薬品工業株式会社との共同検証プロジェクトを開始します。

インテージヘルスケア、理論創薬研究所、アフィニティサイエンスの 3 社はこれまで、トータルに研究開発をサポートする創薬計算サービス「ACISS(エイシス)」や、インシリコ創薬戦略コンサルティングなどの創薬支援サービスを共同で展開してきました。2018年より、ディープラーニングなどのAI技術を用いた化合物の構造生成技術(de novoデザイン技術)を、既存のソフトウェアと連携させ、実践的な創薬AIプラットフォーム 「Deep-Quartet」 を提案。同技術の一部はすでに研究開発を経て関連学会での発表も行っており、論文公開(日本薬学会,Chemical and Pharmaceutical Bulletin)が予定されています。

「Deep-Quartet」 について

2019年10月より本格サービスを開始したAI創薬プラットフォーム 「Deep-Quartet」 は、深層強化学習の技術である (1)Deep reinforcement learning、ファーマコフォアモデルを用いるソフトウェア(2)LigandScout、網羅的なターゲット予測を可能とする機械学習ベースの技術 (3)CzeekSを組み合わせた一連のフローであり、ここに製薬企業各社の (4) メディシナルケミスト(有機合成化学者)の知見を加えることで、Quartet(四重奏)によるAI創薬プラットフォームを実現する意味を込めています。

AI創薬プラットフォーム 「Deep-Quartet」 の技術開発にあたっては、次の3点を重視しています。
 1.ディープラーニングなどのAI関連の技術開発のスピードは速く、最新の技術を継続して取り入れる仕組みと体制をつくること
 2.上記のAI関連技術と、既存で実績ある手法・ツールを積極的に組み合わせて活用すること
 3.より実践的な創薬につなげるために、AIが出す結果はメディシナルケミスト(有機合成化学者)と議論できるものであること

「Deep-Quartet」 では、最新のAI技術をブラックボックス化せず、細かなノウハウも含めて情報公開するオープンイノベーションにより進化させていくコンセプトのもと研究開発に取り組んでいます。学会発表や論文投稿はもちろんのこと、ユーザーである製薬企業には社内講習会などにより技術の詳細を共有し、同時にフィードバックを得ることでAI創薬プラットフォーム 「Deep-Quartet」 を進化させていくスタンスをとっています。
 また、Chemical DBやCzeekSには各社独自の社内データを用いることで、製薬会社の持つ知見をAIに取り込むことができるようになっている点も特徴となっています。

株式会社理論創薬研究所

インシリコ創薬を専門とするベンチャー企業。コンピュータシミュレーション技術を用いた、新しい創薬理論に基づくソフトウェアの開発を通じて、医薬品リード化合物の研究開発を行います。

株式会社アフィニティサイエンス

研究支援ソフトウェアの輸入販売や受託研究サービスを中心に、研究者・開発者向けの各種サービスを提供しています。特に、事象や現象をモデル(定式)化し、コンピュータを用いて演算 処理を行い、得られたデータを解析、特性や作用機序を系統的に研究する学問「計算科学(Computational Science)」に注力し、事業を展開しています。

プレスリリース
株式会社インテージヘルスケア

SHARE

facebooktwitter

関連サービス