news2019年3月度一般用医薬品(OTC)市場 薬効別ランキング

株式会社インテージヘルスケア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:仁司与志矢、以下インテージヘルスケア)は、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2019年3月度一般用医薬品 薬効別ランキング」を発表しました。

調査結果

1.2か月連続で前年比を下回るも、過去4年の3月の平均を100とした場合の指数は103.8で平年を上回る 「一般医薬品(OTC)市場の販売金額推移」

図表画像

3月のOTC市場の販売金額は、前年同月比99.7%の1058億円でした。昨年3月は花粉の飛散量が非常に多かったと推測され、関連薬が過去10年間の市場規模トレンドで最高値となった反動もあり、前年比マイナスとなりました。しかし、過去4年の3月の平均を100とした場合の指数は103.8と、平年を上回りました。

2.鼻炎治療剤は、販売金額は好調なものの販売個数は減少。アレルギー用目薬を中心に目薬が不調「好調薬効トップ5、不調薬効ワースト5(金額前年同月差)」

図表画像

当月の花粉関連薬は、昨年3月が記録的な販売金額だったことや、販売金額の立ち上がりが昨年と比べて一週間ほど早かったため、大幅な伸びには至りませんでした。花粉関連薬の販売金額は、3月4日の週をピークに減少しています。鼻炎治療剤は、大容量商品が好調だったため販売金額は前年を上回りましたが、販売個数は減少となりました。不調薬効となった目薬は、アレルギー用目薬を中心に前年の水準を下回りました。

【3月のトピック: 2018年度(4-3月計)のOTC市場】

2018年度のOTC市場推計販売金額は1兆1471億円で、2015年度からの微増傾向が続きました。市場の伸び率は鈍化したものの、前年を上回りました。

推計販売金額構成TOP10の薬効別では、3年連続トップは総合感冒薬、次いでドリンク剤となっています。漢方薬、鼻炎治療剤はそれぞれ一つランクが上がり、胃腸薬が2ランクダウンという結果になりました。

図表画像

SDI(全国一般用医薬品パネル調査)◆1960年調査開始 

※2018年4月度から調査設計を変更しました

対象業態OTC医薬品を販売しているドラッグストア、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ホームセンター・ディスカウントストア
エリア
全国
調査店舗数3,245店舗
データ収集方法POSデータのオンライン収集
対象カテゴリー医薬品、医薬部外品
(対象カテゴリーのバーコードが付与されている商品のみ)
調査項目各店舗におけるバーコード別の販売年月日、販売個数、販売金額など
プレスリリース
株式会社インテージヘルスケア

SHARE

facebooktwitter

関連サービス