news【旧アンテリオ】2018年12月度 一般用医薬品 薬効別ランキング

※こちらのニュースは旧アンテリオの記事です。

2018年12月度一般用医薬品(OTC)市場 薬効別ランキング
インバウンドの堅調な売上が貢献し、市場全体も活況
売れ筋の目薬、最近の傾向は?

当社は、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2018年12月度一般用医薬品 薬効別ランキング」を発表しました。

調査結果のポイント

  • 12月のOTC関連薬市場は、前年比101.6%で前年比3か月連続のプラス
  • 上位4薬効(解熱鎮痛剤、外用鎮痛・消炎剤、目薬、総合感冒薬)すべてが前年差3億円以上のプラス
  • 目薬のカテゴリで訪日観光客に人気のある洗眼タイプは、前年同月比125%と大幅に伸長

調査結果

1.前年比3か月連続のプラス。過去4年の12月で最も高い販売金額を記録 「一般医薬品(OTC)市場の販売金額推移」

図表画像

12月のOTC関連薬市場の販売金額は、前年同月比101.6%の1,069億円でした。10月から3か月連続で前年の販売金額を上回り、好調が続きました。

2.上位4薬効がすべて前年差3億円以上のプラス。一方、前年の反動で保湿系の皮膚用薬は不調 「好調薬効トップ5、不調薬効ワースト5(金額前年同月差)」

図表画像

12月にもっとも好調だった薬効は解熱鎮痛剤で、前年同月差3.7億円のプラスとなりました。上位4薬効(解熱鎮痛剤、外用鎮痛・消炎剤、目薬、総合感冒薬)すべてが前年差3億円以上のプラスとなり、過去4年の12月の販売平均を100とした「4年指数」で最高値となりました。訪日観光客に人気のあるブランドが、薬効により違いはあるものの、全体的に堅調に売上を伸ばしたことが好調の要因となっています。特に、目薬のカテゴリで人気のある洗眼タイプは、前年同月比125%と大幅に伸長しました。
一方、2017年12月は気温が低かった影響などで好調だった皮膚用薬(殺菌消毒剤を除く)は、2018年12月は、その反動と気温が高かったことが影響し、売上が減少という結果になりました。

【12月のトピック: 5ヶ月ぶりに好調薬効にランクインした目薬。最近の傾向は?】
目薬はここ数年、訪日観光客に人気の洗眼タイプや特定のブランド、各種キャラクターとのコラボ商品が売上を伸ばしています。また、新商品は高価格化の傾向もみられます。
2018年4月度から12月度までの累計でもっとも売上が大きいのは、主な効能・効果が「目の疲れ・結膜充血・眼病予防」などの一般的な商品で、次いで、中高年層をターゲットにした商品となっています。

SDI(全国一般用医薬品パネル調査)◆1960年調査開

※2018年4月度から調査設計を変更しました

対象業態OTC医薬品を販売しているドラッグストア、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ホームセンター・ディスカウントストア
エリア全国
調査店舗数3,245店舗
データ収集方法POSデータのオンライン収集
対象カテゴリー医薬品、医薬部外品
(対象カテゴリーのバーコードが付与されている商品のみ)
調査項目各店舗におけるバーコード別の販売年月日、販売個数、販売金額など
プレスリリース
株式会社インテージヘルスケア

SHARE

facebooktwitter

関連サービス