newsウェビナー「Webinar Project 2020 Vol. 4:患者起点での確かなエビデンス創出へ 〜株式会社インテージヘルスケア×株式会社Welby共同セミナー〜」開催のご報告

※本ウェビナーは、多くのお客様にご参加いただき、好評のうちに終了しました。

本ウェビナーは、日頃お取り引きいただいているお客様を対象に、2021年6月までの間に当社グループが継続的に実施するWebinar Project 2020のシリーズの一環として開催しました。

今回はアプリを利用した医師と患者のコミュニケーション、そこから得られる実際の患者アウトカムを利用した市販後データのエビデンスの重要性が増す中、現状ではどのような取り組みがあり、今後どのようなアプローチが考えられるか、インテージヘルスケアとWelbyの両社で将来を展望しました。

 開催概要

  • 開催日時: 2021年3月4日(木)15:00~16:30(終了いたしました)
  • タイトル: 患者起点での確かなエビデンス創出へ
  • 主催: 株式会社インテージヘルスケア、株式会社Welby(共同開催)


詳細は、Webinar Project 2020 Vol. 4でご覧いただけます。
視聴をご希望の方は事務局までご連絡ください。

お問い合わせ

アンケートでお寄せいただいたコメント(抜粋)

  • ePROで患者の自覚症状を収集するEDC調査を立案した際,「製販後調査で製造販売業者が収集する情報は,医師の診断に基づきEDCに入力される情報である。患者がePROに入力する情報は患者の主観に基づいた情報であり,医師の診療に基づく情報とは異なることから,医師の判断に基づきEDCに入力される情報の代わりにならないと考える」とPMDAがコメント,ePROに否定的なのですが,製販後調査のデータとしてePROを使えるようになるでしょうか。
  • インテージヘルスケアとWelbyとの業務提携で期待されることが非常によくわかりました。
  • 医師のニーズや患者の利用状況が分かり、良かった。
  • ePRO使用の現状の把握、ePROでどのようなことができるか参考になりました。


ウェビナーの内容にご興味をお持ちの方は、当社営業担当またはお問い合わせページにご連絡ください。

株式会社インテージヘルスケア

SHARE

facebooktwitter

関連サービス