service生活健康基礎調査

生活者の健康状態や健康意識、OTC薬の使用実態を把握

サービス内容

生活健康基礎調査として、生活者の健康状態や健康意識、OTC薬の使用実態をとらえ、OTC薬と生活者との関わりに関する経年データを、 1991年より毎年1回(4月)収集し、提供しています。

※OTC薬:一般医薬品、大衆薬。“Over The Counter”の略。薬局・薬店で対面販売される医薬品の意。

調査概要

母集団
16〜79歳の男女個人(2018年より70歳代の調査を追加)
標本数
約2,000人
調査地域
  • 京浜地区(東京、神奈川、埼玉、千葉)
  • 京阪神地区(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山)
調査方法
郵送調査
調査内容
  • 最近1年間の健康状態
  • 最近1年間の市販薬・健康食品の使用状況
  • OTC主要薬効の服用実態
  • 薬局・薬店、ドラッグストア、スーパー、コンビニエンスストアの利用実態
  • その年ごとのテーマ調査
調査期間
4月中旬から4月下旬
報告媒体
報告書、Lyche用データ
報告日程
7月下旬

生活健康基礎調査トピックス一覧

調査概要 調査年度
  • 対象者属性
  • 基本属性
  • 利用チャネル
  • 喫煙状況
  • 健康意識
  • その他健康に関する属性
毎年調査
最近1年間の健康実態 毎年調査
最近1年間の市販薬・健康食品等利用状況 毎年調査
服用実態 調査年度
ドリンク剤/ミニドリンク剤 毎年調査
胃腸薬 毎年調査
かぜ薬 毎年調査
解熱鎮痛剤 偶数年調査
外用鎮痛消炎剤 奇数年調査
今年のテーマ(例)
新型インフルエンザによる予防
かぜ対処の変化
薬事法改正
外用鎮痛消炎剤・関連商品利用実態
通販・インターネットでの購入意向医薬品と購入実態・購入理由
清涼飲料水飲用実態

サービスに関するお問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせをする

SHARE

facebooktwitter

関連ニュース

プレスリリース