service医療経済・アウトカムリサーチ (HEOR)

日本市場を深く理解したインテージヘルスケアだからこそ提供できる市場アクセス支援

製薬会社や医療機器メーカー、医療従事者の最終目標は、生活を改善する治療を患者に確実に届けることです。しかし、現在我が国では、医療費の増加に伴い、製品アクセスや患者の医療費負担を決定するのは、新しい治療法の経済的価値が占めています。今後は臨床面および経済面の両方から検証し、伝える必要があります。

インテージヘルスケアは、製薬会社や医療機器メーカーに対し、日本での製品アクセスを最大限に高めるサービスを幅広く提供しています。

製品のライフサイクルに応じたサービス

Preclinical Trial

現在の治療状況・競合製品の状況把握

  • 日本の治療のガイドラインのまとめ
  • 日本の疫学データ(有病率・罹患率)の検討
  • 日本の開発パイプライン・開発計画の調査
  • 治療ニーズ(アンメットメディカルニーズ)の確認
  • 主要ステークホルダー(関係者・関係団体)の確認

保険償還および資金調達の状況把握

  • 日本の保険償還・資金調達に関する政策の確認
  • 過去の保険償還に関する決定のまとめ

Phase1 Trial

Phase2 Trial

価値証明(エビデンス)の戦略計画

  • 価値を高める主な要因(バリュー・ドライバー)の確認
  • 治験設計の最適化
  • 医療資源の利用の検討
  • 現在の治療アウトカム・疾病負担の確認
  • 疾患進行・生存のモデリング

Phase3 Trial

保険償還・資金調達の戦略策定

  • 保険償還の状況把握
  • 考えられる保険償還のシナリオの確認
  • 売上・数量予測
  • 価値提案ストーリー作成

価値証明(エビデンス)の作成

  • 財政影響分析
  • 費用対効果・費用効用分析
  • 原稿作成

価値のコミュニケーション(伝達/説明)

  • 薬価基準収載・保険適用希望書の作成
  • 保険適用希望書の提出における口頭説明のサポート
  • 医療従事者および患者に対して価値を伝えるコミュニケーション案の作成

Filing

Launch

Post Launch

価値の確認

  • 費用対効果・費用効用分析の更新
  • 市販後調査の計画の最適化
  • 患者報告のアウトカムを用いたサポート
  • 保険償還改定のためのエビデンス作成(再算定のための価値提案)

製品開発のあらゆる段階において、エビデンス作成およびコミュニケーションに関する研修・ワークショップも実施しています。

調査手法の例

  • デスクトップリサーチ(事前調査)
  • 系統的文献レビュー/メタ解析
  • リアル・ワールド・データ(RWD)の分析
  • 疾患進行および生存のモデリング
  • 傾向スコアマッチング
  • フォーカスグループインタビュー(座談会)
  • キーオピニオンリーダー(KOL)のインタビュー
  • 医療従事者に対するWEBアンケートなど
  • 患者に対するWEBアンケートなど
  • 保険償還に関するインタビュー
  • 治験の設計・実施
  • 市販後調査
  • 患者報告アウトカムの調査
  • 後ろ向きカルテレビュー
  • メディカルライティング

サービスに関するお問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせをする

SHARE

facebooktwitter